安全性 / トレーニング

安全性こそ信頼の証。
株式会社RASTAQでは、
「法令遵守」「人・物への安全」「技術の安全性」「補償」
4つの安全を厳守しています
法令遵守
RASTAQでは、「労働安全衛生法」や「労働安全衛生規則」に準拠して安全な施工をおこなっております。
法令に則った安全な施工を行うことを常に意識して作業することや、歩行者に対する安全対策のみならず作業者の安全にも配慮した器材の使用や行動指針を提示し、チェックを怠らず行動しています。
人と物への安全
歩行者に対して、地上では一般の高所作業車と同じように、カラーコーンを配置し危険区域を隔離したり、ガードマンによる誘導を行っています。
技術の安全性
また、技術面ではRASTAQの技術者は、ロープによる基礎知識を習得した上で、長期にわたる訓練を積み重ねて作業を行っています。 どのようなロケーションでも、あらゆる環境下において、安全に作業する事を第一と考えて行動しています。

さらに、ロープアクセスの国際資格である「IRATA」の資格を取得し、日々レベル向上を目指しています。 IRATAとは、"INDUSTRIAL ROPE ACCESS TRADE ASSOCIATION(産業ロープアクセス業者協会)"の略称です。 1992年、ロープアクセス技術の安全な運用と無事故を目的として設立され、第三者による技術認定を行うなど厳格な管理のもと、ロープアクセス技術者の資質向上や新技術の開発などを行っている世界最大の団体です。
IRATAホームページ(英語)
 

IRATA資格証書


IRATA資格

補償
4つ目の「補償」についても、万が一の事故や怪我に対応するべく労働災害保険はもちろん損害賠償保険にも加入しています。